column

お役立ちコラム

町田市でサイディング張り替え、外壁塗装をするなら?業者の選び方とおすすめ業者をご紹介!

町田市の皆さまこんにちは!
町田市密着の屋根修理・外壁塗装専門店桜ルーフです。

 

 

外壁サイディングとは、家の外壁に使われる板状の素材のことで建物の外壁を保護する役割を果たしており、現在、ほぼ全ての住宅に施されています。

 

町田市で外壁サイディングを施工する場合、どのような手順を踏む必要があり、そして何に注意する必要があるのでしょうか?施工内容やコスト、施工業者の選び方などを知らずに依頼すると、思わぬ損に繋がる可能性があるかもしれません。

 

町田市で外壁サイディングを行う際の流れとどのようなことに気をつけるべきかなど、具体的な例や参考情報を交えながら詳しく解説します。お得に施工する方法もご紹介しますので、町田市で外壁サイディングを検討中の方を検討中の方は、ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてください。

 

サイディングとは?

 

サイディングとは、板状に成形された外壁材のことです。建物の外壁に使用する資材で、金属やセメントのものが一般的です。

 

外壁の施工では大きく分けて二通りのものがあります。湿式と乾式です。湿式とは塗装やタイル張りがあり、乾式にはサイディングがあります。

 

ここではサイディングの用途と種類について詳しく解説していきます。

 

サイディングの用途

外壁サイディングの用途は多岐に渡りますが、一般的なものは以下4点です。

 

デザイン性の向上

・耐久性・耐震性・防火性の向上

・メンテナンス性の向上

・コストパフォーマンスの向上

 

それぞれ解説していきます。

 

デザイン性の向上

レンガや木目調など様々なデザインや色が選べるため、建物の雰囲気を自由に変えられます。

 

耐久性・耐震性・防火性の向上

経年劣化やひび割れに強く、耐久性に優れています。

また、地震の揺れに対しても柔軟に対応できるため、耐震性が高いです。さらに、窯業系サイディングは熱を蓄積するため、防火性も高いです。

 

メンテナンス性の向上

サイディングは、塗装済みであるため、塗り替えの必要が少ないです。

また、金属系サイディングは重ね張りで手軽にリフォームできます。

 

コストパフォーマンスの向上

  モルタルに比べて工期や人件費、材料費を抑えられるため、コストパフォーマンスが高いです。

 

サイディングの種類

 

サイディングには様々な種類があります。その種類によって、原材料や特徴、費用やメンテナンス周期などが異なりますので確認しておくと安心です。主なサイディングは以下の4つです。

 

窯業系サイディング

窯業系サイディングは、セメントと繊維質を混ぜ合わせて高温で焼き固めたもので、窯を使うことからこの名前がつきました。デザインやカラーが豊富で、見た目にこだわりたい方におすすめです。また、強度や防火性にも優れています。メンテナンス周期は約7~10年で、シーリングの打ち替えや塗装の施工が必要です。

 

・原材料:セメント、繊維質(木質・無機・有機)、顔料、各種添加剤

・費用 :1㎡あたり約3,500~5,000円程度。

 

金属系サイディング

金属系サイディングは、アルミニウムや鉄などの金属板に断熱材を貼り合わせたものです。シャープでモダンな印象を与える外観が特徴で、スタイリッシュな住まいを目指す方におすすめです。また、軽量で耐久性や断熱性にも優れています。メンテナンス周期は約10~15年で、塗装の施工や錆びの防止が必要です。

 

・原材料:金属板(アルミニウム・鉄・亜鉛・銅など)、樹脂塗装、断熱材(発泡ポリスチレン・発泡ウレタンなど)

・費用 :1㎡あたり約4,000~6,000円程度

 

木質系サイディング

木質系サイディングは、天然木や合板などの木材を主原料としたものです。自然な風合いや温かみがある外観が特徴で、環境に配慮した住まいを目指す方におすすめです。また、断熱性にも優れています。メンテナンス周期は約10年前後で、塗装の施工やカビ・腐食の防止が必要です。

 

・原材料:木材(天然木・合板・集成材など)、防腐剤、防火剤、塗装

・費用 :1㎡あたり約6,000~9,500円程度

 

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは、塩化ビニル樹脂(プラスチック)を主原料としたものです。耐久性や防水性が高いことが特徴で、雨風や塩害に強い住まいを目指す方におすすめです。また、色褪せや変色が少ないこともメリットです。メンテナンス周期は約10~20年で、紫外線による劣化を防ぐために塗装の施工や張り替えが必要です。

 

・原材料:塩化ビニル樹脂、顔料、各種添加剤

・費用 :1㎡あたり約6,000~9,500円程度

 

以上が、サイディングの用途や種類についての解説でした。サイディングの種類によって、原材料や特徴、費用やメンテナンス周期などが異なります。自分の好みや予算、立地条件などを考慮して、最適なサイディングを選ぶようにしましょう。

 

サイディングのメリットとは?

ここではサイディングを行うメリットをご紹介します。サイデイングには様々なメリットがありますが、主なメリットは以下の4つです。

  • 初期費用が安い
  • デザイン性が高い
  • 防火性が高い
  • 安定した品質

それぞれ解説していきます。

 

①初期費用が安い

サイディングは工場で大量生産されるため、素材自体が安価です。また、施工も簡単で工期が短いため、工事費も抑えられます。他の外壁材と比べて、初期費用を安く抑えられるのが魅力です。

 

②デザイン性が高い

サイディングは色や柄のバリエーションが豊富で、自分好みの外観に仕上げることができます。

 

窯業系サイディング:レンガ調やタイル調など、さまざまなテイストを表現できます。

金属系サイディング:シャープでモダンな印象を与えます。

木質系サイディング:温かみのあるナチュラルな雰囲気を演出できます。

樹脂系サイディング:耐久性や防水性が高く、色褪せしにくいです。

 

このように複数ある種類から適切なものを選ぶことで、自分好みの外観に仕上げられます。

③防火性が高い

サイディングは燃えにくい素材で作られており、防火性能に優れています。特に窯業系サイディングと金属系サイディングは不燃材であるため、火災の際にも炎や熱を遮断し、延焼を防ぎます。

 

④安定した品質

サイディングは工場で一括して製造されており、品質が安定しています。検品を経て出荷されるため、形状や性能に大きなばらつきがありません。職人のスキルによって仕上がりが変わる外壁材と比べて、サイディングは品質が比較的安定していると言えます。

 

サイディングのデメリットとは?

ここではサイディングを行うデメリットをご紹介します。サイディングには様々なメリットがありますが、逆にデメリットがあるのも事実です。

しっかりとデメリットも把握した上で、施工すると後悔なし工事が可能になります。

主なデメリットは以下の3点です。

  • 定期的なメンテナンスが必要
  • デザインの種類が少ない
  • 防水性能が低い

それぞれ解説していきます。

 

①定期的なメンテナンスが必要

サイディングに限らずですが、ご自宅については定期的なメンテナンスが必要不可欠です。

 

その中で、サイディングは品質が安定していると言われますが、経年劣化によって塗装やコーキング(シーリング)が剥がれたり、ヒビ割れや変色が起こったりすることがあります。

これらの劣化は外観や機能に影響を与えるだけでなく、雨水や湿気が侵入してカビや腐食を引き起こす可能性もあります。メンテナンスを怠ると、サイディングの寿命を縮めたり、建物の構造にも悪影響を及ぼしたりする恐れがあります。

 

 

②デザインの種類が少ない

サイディングは色や柄のバリエーションが豊富で、自分好みの外観に仕上げることができますが、一方で個性的なデザインを出しにくいというデメリットもあります。

サイディングは工場で生産されるため、オリジナルの色や柄を作ることは難しいです。そのため、他の住宅と同じような外観になってしまう可能性もあります。

 

③防水性能が低い

サイディングは防火性能に優れていますが、防水性能には劣ります。板状の素材を組み合わせて貼るため、外壁につなぎ目ができます。このつなぎ目に使われるコーキング(シーリング)は劣化しやすく、隙間から雨水や湿気が侵入する可能性があります。雨水や湿気が侵入すると、サイディング自体や建物の構造にダメージを与えるだけでなく、カビや腐食を引き起こす可能性もあります。そのため、サイディングは定期的なメンテナンスを行う必要があります。

 

 

サイディング施工業者の選び方

 

次にサイディングの施工業者や外壁塗装業者の適切な選び方を解説します。

 

サイディング工事は住まいの美観や耐久性を高めるために重要な工事です。

しかし、工事の内容や費用は専門的で分かりにくいものです。また、業者によっても施工の質や対応が異なります。そのため、サイディング工事を依頼する際には、業者の選び方が非常に重要です。

 

では、どのようにして優良な業者を見つけることができるのでしょうか?サイディング工事だけに限らず、外壁塗装や屋根工事業者の選び方について解説します。

 

 

外壁塗装や屋根工事業者は、大きく分けて以下の3種類に分類できます。

 

  • ハウスメーカー
  • リフォーム会社
  • 地元の専門業者

 

それぞれの特徴とメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

ハウスメーカー

ハウスメーカーとは、住宅を建築する会社のことです。大手から中小までさまざまな規模のハウスメーカーがあります。ハウスメーカーは、建築だけでなく、リフォームや修繕も行っています。

 

メリット

  • 住宅に関するデータや設計図があるため、適切な工事ができる
  • 規模が大きく信頼性が高い
  • アフターサービスや保証が充実している

 

デメリット

  • 施工費用が高い
  • 工事を下請けに任せる場合が多いため、品質が安定しない
  • 柔軟性や個性に欠ける場合がある

 

リフォーム会社

 

リフォーム会社とは、住宅の改修や改造を行う会社のことです。ハウスメーカーと同様に、全国展開する大手から地域密着型の中小までさまざまな規模のリフォーム会社があります。リフォーム会社は、外壁塗装や屋根工事だけでなく、水回りや内装など幅広い工事を行っています。

 

メリット

  • 施工費用が比較的安い
  • 工事内容やデザインに柔軟に対応できる
  • 担当者と直接話せるため、意思疎通がしやすい

 

デメリット

  • 規模が小さく信頼性が低い場合がある
  • アフターサービスや保証が不十分な場合がある
  • 工事を下請けに任せる場合が多いため、品質が安定しない

 

地域密着型の地元の専門業者

 

地元の専門業者とは、外壁塗装や屋根工事など特定の工事に特化した会社のことです。地域に密着して営業していることが多く、口コミや紹介で仕事を得ていることが多いです。地元の専門業者は、自社で施工することがほとんどです。

 

メリット

  • 施工費用が安い
  • 専門的な技術や知識が豊富
  • 自社施工で品質が高い

 

デメリット

  • 規模が小さく信頼性が低い場合もある
  • アフターサービスや保証が不十分な場合もある
  • 工事内容やデザインに柔軟に対応できない場合がある

外壁塗装の工事は、自宅を建てたハウスメーカーや、有名な大手工務店でも可能な場合が多いです。

しかしそのような場合、実際に作業をするのはハウスメーカーや大手工務店ではなく、下請け・孫請けに発注する場合もあります。

 

その場合には中間マージンが発生し、適正価格以上の費用を請求される可能性もあります。

 

地域密着型の塗装業者の場合は、自社での施工がほとんどなため、余計な中間マージンの発生も防げます。

 

またハウスメーカーや大手工務店に依頼した場合には、下請け業者の得意・不得意分野による品質のバラつき、タイムリーな現場対応ができない可能性も…。

 

 

我々「桜ルーフ」は地元企業として町田市付近での施工対応をしております。

また当社では経験豊富な屋根・外壁塗装の職人が在籍しており、

自社施工により責任を持って施工を進めることができるため、高水準な品質を保つことが可能です。

 

気になることがございましたら、「LINE相談」からお気軽に連絡をください!

 

外壁塗装や屋根工事業者の選び方のポイント

 

外壁塗装や屋根工事業者の種類について見てきましたが、それぞれにメリットとデメリットがあります。では、自分に合った業者を選ぶにはどうすればよいのでしょうか?ここでは、外壁塗装や屋根工事業者の選び方のポイントを紹介します。

 

◆相見積もりを取る

 

外壁塗装や屋根工事業者を選ぶ際には、必ず相見積もりを取ることをおすすめします。相見積もりとは、複数の業者から見積もりを取ることです。相見積もりを取るメリットは、以下のような点です。

 

  • 施工費用の相場を知ることができる
  • 施工内容や品質を比較することができる

 

相見積もりを取る際には、以下の点に注意しましょう。

 

  • 見積もりは3社程度にする
  • 見積もりは詳細に書かれているか確認する
  • 見積もりは書面で残してもらう

 

◆口コミや評判をチェックする

 

外壁塗装や屋根工事業者を選ぶ際には、口コミや評判をチェックすることも重要です。口コミや評判をチェックするメリットは、以下のような点です。

 

  • 実際に利用した人の感想や満足度を知ることができる
  • トラブルやクレームの有無を知ることができる
  • 信頼性や安心感が高まる

 

口コミや評判をチェックする際には、以下の点に注意しましょう。

 

  • 口コミや評判は複数の情報源から集める
  • 口コミや評判は客観的に判断する
  • 口コミや評判だけで決めず、自分で確認する

 

◆資格や許可を持っているか確認する

 

外壁塗装や屋根工事業者を選ぶ際には、資格や許可を持っているか確認することも重要です。資格や許可を持っているメリットは、以下のような点です。

 

  • 法律や規制に適合した工事ができる
  • 責任や義務を果たすことができる
  • 保険や補償が受けられる

 

資格や許可を持っているか確認する際には、以下の点に注意しましょう。

 

  • 資格や許可は有効期限があるため、更新されているか確認する
  • 資格や許可は実際に施工する人が持っているか確認する
  • 資格や許可は書面で提示してもらう

以上が外壁塗装や屋根工事業者の選び方についての解説です。外壁塗装や屋根工事は住まいの美観や耐久性を高めるだけでなく、快適な住環境を守る役割も果たします。優良な業者を選ぶことで、安心して工事を依頼できます。

 

 

よくある質問

 

Q1.そもそもサイディングって何?どんなモノ?

 

サイディングとは、建物の外壁に使用する仕上げ用の板材のことです。サイディングは主に「窯業系」「金属系」「木質系」「樹脂系」の4種類に分けられます。それぞれの素材によって、耐久性やデザイン性、価格などが異なります。サイディングは工場で大量生産されるため、費用が比較的安く済みますし、施工も簡単です。また、デザインのバリエーションも豊富で、自由にカラーや柄を選ぶことができます

 

Q2.サイディングのメリット・デメリットは?

 

サイディングのメリットとしては、軽量で地震に強い、防火性が高い、断熱性や遮音性が優れる、デザイン性が高い、初期費用や施工費用が安いなどが挙げられます。

 

Q3.町田市で外壁塗装の助成金制度はある?

 

残念ながら、町田市では外壁塗装工事が対象の助成金・補助金制度はありません。

しかし、外壁塗装工事と一緒に他のリフォームも行う場合は、以下のような制度を利用することができます。

 

・町田市住宅バリアフリー化改修工事助成金(町田市)

・木造住宅耐震改修事業助成制度(町田市)

・LCCM住宅整備推進事業(国)

・こどもエコすまい支援事業(国)

 

これらの制度を利用するためには、申請書や見積書などの必要書類を提出し、審査を受ける必要があります。また、改修工事の内容や範囲によっては、補助金の対象とならない場合もあります。詳細はホームページや窓口で確認してください。

 

また予告なく制度が終わったり、また新たな制度が施策される可能性もあるので、こまめに情報をチェックするようにしましょう。

 

まとめ

以上、町田市の外壁サイディングについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

 

そろそろサイディングの張り替えも検討しないと…。と考えながらも中々行動に移せないですよね。

 

この問題を放置しご自宅の劣化をほったらかしていると、

外壁の問題だけでなくご自宅内部の問題にまで発展してしまう可能性もあり、

より面倒な手続きや余計な費用が発生してしまうことも…。

 

桜ルーフ」ではあなたがいつも使っているラインで簡単にお問い合わせができます。

 

「とりあえず連絡だけしてみるか」という感覚で構いませんので、ぜひお問い合わせください!

 

 

当社「桜ルーフ」は地元企業として町田市近での施工対応をしております。

お客さまのご自宅を自分の家のように考え、お客さまの家や屋根にベストな施工提案ができるように日々取り組んでおります。

 

当社ではヒアリングや現地調査などを徹底して行いベストな施工提案を行います。そして実際に施工する職人は経験豊富な屋根・外壁塗装の職人です。

 

また施工後には「工事レポート」を提出させていただき、安心の「アフターサービス」も整えております。

 

ご自宅のことで気になることがございましたら、ぜひお気軽に「LINE相談」からご連絡をお願いいたします!

Service

桜ルーフの
サービス一覧

Contact us

屋根のこと、塗装のこと
相談してみませんか?

ちょっとしたことでもお気軽にご相談を!

0120-305-913

受付時間 9:00〜18:00(日曜定休)

診断、相談、お見積りなど無料でお受けしております。
ご依頼有無にかかわらずお気軽にお問い合わせください。

弊社では、ダイレクトメールやムリな営業行為などは一切行っておりません。
個人情報はご返信やご契約時にのみ使用します。ご安心してお気軽にお問い合わせください。

桜ルーフ 施工エリア

施工エリア

東京都
町田市、多摩市、八王子市、日野市など
神奈川県
相模原市、川崎市、横浜市、藤沢市など

地元企業として町田市近辺を対応しております。
できる限り対応いたしますのでご相談ください。