column

お役立ちコラム

雨漏りの原因となる屋根や壁の隙間と対処法をご紹介します!

自宅のメンテナンスに情熱を注ぐ方にとって、屋根や壁、隙間からの雨漏りは避けて通れない問題です。

多くの家庭で、雨の日に水滴がポタポタと落ちる音は、単なる小さな不快感から、重大な構造的問題への警鐘となり得ます。

今回は、屋根や壁に生じる隙間の原因と、隙間に対する効果的な対処法についてご紹介します。

屋根の隙間は雨漏りの直接の原因ではありませんが、屋根材の割れやズレ、防水シートの隙間からの雨水浸入は重要な要因になってしまいます。

屋根は多くの材料を用いて構築されており、その間には必然的に隙間が生じてしまうのです。

しかし、屋根材の隙間を通じて雨水が浸入しても、防水シートがその流れを軒先へと誘導します。

そして、屋根材の下にあるルーフィング(防水シート)が、実質的な防水層として機能します。

屋根材の割れやズレが生じると、大量の雨水が防水シートの隙間から室内に浸入し、雨漏りの原因となるのです。

屋根の隙間は、雨漏りの直接的な原因ではなく、問題はむしろ屋根材の下層、特に防水シートの隙間にあります。

したがって、雨漏りを防ぐためには、これらの部分のメンテナンスと修理が重要です。

□外壁の隙間対策をご紹介!

外壁に発生する隙間は、家の防水性に大きな影響を与え、雨漏りの原因となり得ます。

特に、モルタル、窒素系サイディング、木製羽目板などの外壁材に生じる隙間には、それぞれ異なる対応が必要です。

以下に、これらの外壁材に見られる隙間の対処法を解説します。

1:モルタル外壁の隙間対策

ヒビや隙間が見つかったら、まずは汚れをきれいに除去します。
次に、接着剤を塗布し、防水モルタルで補修を行います。
定期的な点検により、小さなヒビや隙間も見逃さず、早期対策が可能になるのです。

2:窒素系サイディング外壁の隙間対策

劣化したコーキングは取り除き、新しいコーキング材で隙間を埋めます。

すべての隙間に一度に対応し、経年劣化によるさらなる隙間の発生を防ぎます。

コーキングの打ち替えは専門家に相談し、適切な材料選びと施工方法を確認しましょう。

3:木製羽目板外壁の隙間対策

木製羽目板が、やせて隙間が発生した場合は、色合いに合わせたコーキング材で修復します。

定期的な塗り替えや保護処理で、木材の劣化を防ぎ、隙間の発生を減らせます。

木材特有の膨張・収縮に対応するため、適切な塗料や保護材の選定が重要です。

□DIYでは難しい?コーキング材の適切な使い方

使用する材料は、使用場所や目的に合わせて選ぶ必要があります。

たとえば、外壁用、屋根用、高耐熱性など、用途に応じた材料選定が重要です。

そして、補修する隙間の状態をよく観察する、必要に応じて古い材料を取り除く、表面を清潔にするなどの前処理が欠かせません。

材料の施工には、均一に塗布する技術や、適切な硬化時間の確保など、細かな注意が必要です。

屋根や高所での作業は、転落のリスクがあり非常に危険です。

また、複雑な構造の隙間や、大きな修復が必要な場合は、DIYでの対応が難しいことが多いため、専門の会社に相談することをおすすめします。

修理後も問題が解決しない、または悪化した場合は、早急にプロの意見を聞きましょう。

コーキング材の使用は、一見簡単なDIY作業のように思えますが、適切な知識と技術が必要です。

正しい材料選定と使用法を理解し、ご自身で対応できない場合は、専門家に相談することが最善の方法です。

□まとめ

今回は、屋根や壁に生じる隙間の原因と、それらに対する効果的な対処法についてご紹介しました。

屋根や壁の隙間は雨漏りの主な原因です。

ご紹介した知識と対策を適切に用いることで、家の快適性と耐久性を守り、安心して生活できます。

町田市で屋根修理や外壁塗装をお考えの方は、ぜひ桜ルーフまでお気軽にお問い合わせください。

Service

桜ルーフの
サービス一覧

Contact us

屋根のこと、塗装のこと
相談してみませんか?

ちょっとしたことでもお気軽にご相談を!

0120-305-913

受付時間 9:00〜18:00(日曜定休)

診断、相談、お見積りなど無料でお受けしております。
ご依頼有無にかかわらずお気軽にお問い合わせください。

弊社では、ダイレクトメールやムリな営業行為などは一切行っておりません。
個人情報はご返信やご契約時にのみ使用します。ご安心してお気軽にお問い合わせください。

桜ルーフ 施工エリア

施工エリア

東京都
町田市、多摩市、八王子市、日野市など
神奈川県
相模原市、川崎市、横浜市、藤沢市など

地元企業として町田市近辺を対応しております。
できる限り対応いたしますのでご相談ください。